【期間限定送料無料】 カーポートShelterガレージキャノピーラウンドメタルCanopies建物Shedストレージホーム B01HIU2S2M 【数量は多】


  1. ホーム
  2. 【期間限定送料無料】 カーポートShelterガレージキャノピーラウンドメタルCanopies建物Shedストレージホーム B01HIU2S2M 【数量は多】
その半径の設計をすばやく脱皮雪、水やごみが付いて、それが設定されている場合、ドアフラップ[ロール時の画像を表示するには、設定されるようになりました。できます。そのUnfurledとジッパー。
各チューブはUVコーティングされた透明なアクリルで、亜鉛メッキ内部まで徹底した最大の錆保護と優れた強度
囲まれている;製品タイプ:ガレージ車の内部の:車/トラック;仕上げホワイト
ポート形状:円形;フレーム素材:メタルフレーム仕上げシルバー
10?' h x 13?' W x 20?' dサイズ;組立必要はい

* 購入エディションにより、実行可能な仮想インスタンス数が異なります。

* 1 ライセンスで最大 2 つの物理プロセッサを使用できます。

インスタンスとは
インスタンスとは、ソフトウェアのセットアップまたはインストール手順を実行すること、または既存のインスタンスを複製することにより作成されるソフトウェアのイメージをいいます。

【期間限定送料無料】 カーポートShelterガレージキャノピーラウンドメタルCanopies建物Shedストレージホーム B01HIU2S2M 【数量は多】

1 台の物理サーバーで必要な数だけ windows server の仮想インスタンスを実行したい場合には、1 つのプロセッサ ライセンスで無制限に仮想インスタンスを実行できる windows server 2012 r2 alt="windows server 2012 r2 datacenter なら無制限に仮想インスタンスを利用できます" title="windows server 2012 r2 datacenter なら無制限に仮想インスタンスを利用できます" />

* 複数の物理サーバーに datacenter を導入すれば、仮想インスタンスの実行数を気にせずに移動できます。

* 1 ライセンスで 2 プロセッサまで使用できます。3 プロセッサ以上を使用する場合は、追加のライセンスが必要です。

【期間限定送料無料】 カーポートShelterガレージキャノピーラウンドメタルCanopies建物Shedストレージホーム B01HIU2S2M 【数量は多】

windows server 2012 r2 は、クラウド テクノロジを搭載した datacenter および standard に加えて、小規模事業所向けの essentials の 3 エディションを提供します。datacenter と standard は同じ可用性と拡張性、機能を備えており、仮想化の権利のみが異なります。

異なるバージョンの os をご利用いただくこともできます

windows server 2012 r2 で構築した仮想化環境には、以前のバージョンの windows server を展開することもできます。windows server 2012 r2 には以前のバージョンへダウングレードして使用できる権利があります。

必要となる cal のバージョンは仮想インスタンスの os のバージョンと同じです

仮想インスタンスにアクセスするデバイスまたはユーザーは、仮想インスタンスで実行されている windows server のバージョンに合わせた cal が必要です。たとえば、hyper-v 上で windows server 2008 r2 の仮想インスタンスだけを実行している場合には、windows server 2008 cal を持つデバイスまたはユーザーがアクセスできます。

ただし、物理サーバーで hyper-v 以外のワークロードを使用している場合、あるいは仮想インスタンスで windows server 2012 r2 を実行している場合には、アクセスするデバイスまたはユーザーごとに windows server 2012 cal が必要です。

仮想インスタンスを他の物理サーバーに移動する際の注意点

windows server の仮想インスタンスは、適切なサーバー ライセンスが割り当てられた物理サーバー間で移動することができます。なお、移動先の物理サーバーにおいて、既にライセンスで許可された仮想インスタンスの最大数を実行済みの場合、サーバー ライセンスを追加購入、あるいは仮想インスタンスをシャットダウンして実行数を減らす必要があります。

windows server 2012 r2 datacenter では、無制限に仮想インスタンスを利用できるため、クラスタリングや live migration、hyper-v レプリカで仮想インスタンスを移動する場合などでも、仮想インスタンスの実行数と保有するライセンス数を心配する必要がありません。

* 仮想インスタンスを他の物理サーバーに移動した場合、再度アクティベーションが必要になる場合があります。

仮想化環境を統合管理できる system center のライセンスについては、「system center 2012 r2 のライセンス基礎知識」を参照してください。

よく寄せられる質問

windows server 2012 r2 hyper-v で仮想化環境を構築し、仮想インスタンスとして windows server 2008 r2 のみを実行しています。この場合、windows server 2012 cal が必要ですか?

windows server 2012 r2 を仮想化環境のホスト os としてのみ利用し、windows server 2008 r2 以前のサーバー os をゲスト os として使用する場合、windows server 2012 cal を購入する必要はありません。ただし、ホスト os の windows server 2012 r2 で hyper-v 以外のワークロードを使用している場合や、ゲスト os で windows server 2012 r2 や windows server 2012 を使用する場合は、windows server 2012 cal を購入いただく必要があります。

windows server 2012 standard r2 のライセンスを持っている場合、仮想化権の数を増やすにはどうすればいいですか。

windows server 2012 r2 standard ライセンス モデルでは、ソフトウェア アシュアランスがあれば、ステップアップ ライセンスを購入することで現在のライセンスを datacenter にステップアップして、仮想環境を大きくすることができます。

また、standard ライセンスを追加購入して、同じ物理サーバーに割り当てることも可能です。たとえば、プロセッサを 2 つ搭載したサーバーを 1 台使用しているときに、合計 4 つの vm を実行する必要がある場合、standard ライセンスを 2 つ購入し、これらを同じサーバーに割り当てることができます。下の表に、その他の例を示します。oem ライセンスの場合、datacenter/standard 共に "additional license" と呼ばれる追加ライセンスがあります。

単一サーバーでの standard ライセンスの数vm の総数
12
24
36
48

windows server 2008 standard のライセンスを 1 つ持っています。新たに windows server 2012 r2 standard を購入しました。既存の windows server 2008 は、hyper-v の仮想化環境上で実行したい と考えていますが、この場合、仮想インスタンスはいくつ実行できますか?

既にお持ちの windows server 2008 standard のライセンスと windows server 2012 r2 standard のライセンスで許諾される仮想インスタンスの実行権を合わせて、合計 3 つの仮想インスタンスを実行できます。

※ oem ライセンスは他の物理サーバーに移行することはできません。

windows server 2012 r2 standard を 2 つ取得し、サーバー a とサーバー b にそれぞれ割り当てています。サーバー a では、、仮想インスタンスを 1 つだけ実行しています。このような場合、使用していないサーバー a の仮想インスタンスの実行権 1 つをサーバー b に移行することはできますか?

いいえ、仮想インスタンスの実行権を他のサーバーに移行することはできません。

現在、外部のユーザーが社内の windows server 2012 r2 にアクセスできるように、エクスターナル コネクタ ライセンスの購入を検討しています。社内の windows server 2012 r2 では仮想インスタンスを実行しているのですが、この仮想インスタンス用のエクスターナル コネクタ ライセンスを購入する必要がありますか?

いいえ、必要ありません。エクスターナル コネクタ ライセンスは、物理サーバーを対象に購入するライセンスです。このため、物理サーバー毎のエクスターナル コネクタ ライセンスだけが必要となり、仮想インスタンス用のエクスターナル コネクタ ライセンスを別途購入する必要はありません。

現在、サード パーティ製ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアを使用して windows server 2012 r2 を実行しています。外部ユーザー用の cal を購入せずに、外部ユーザーが windows server 2012 r2 にアクセスできるようにするには、エクスターナル コネクタ ライセンスの購入が必要でしょうか?

はい。サード パーティ製ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアをホスト サーバーとして使用する場合でも、 エクスターナル コネクタ ライセンスを 1 つ購入することで、外部ユーザー用の cal を購入することなく、外部ユーザーはサード パーティ製ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェア上で実行している windows server 2012 r2 にアクセスすることができます。

購入した windows server 2012 r2 のエディションの代わりに、以前のバージョンや下位エディションを実行することはできますか?

はい、windows server 2012 r2 ではダウン グレード権およびダウン エディション権が付与されるため、以前のバージョンや下位のエディションを実行することができます。インストールに必要なメディアは、 ボリューム ライセンス サービス センター (vlsc) の web サイトから入手いただくか、インストール用のディスクをお客様がご準備いただく必要があります。

  • windows server 2012 datacenter は、下記の以前のバージョンにダウン グレードおよびダウン エディションできます。
    datacenter エディション、enterprise エディション、standard エディション
  • windows server 2012 standard は、下記の以前のバージョンにダウン グレードできます。
    enterprise エディション、standard エディション

windows server 2012 r2 standard を購入しましたが、ダウングレード権を行使してwindows server 2003 standard edition を使用したいと考えています。windows server 2003 standard edition には、仮想インスタンスの実行権は付与されていないと思いますが、ダウングレードした場合、仮想インスタンスの実行権はなくなってしまうのでしょうか?

いいえ。windows server 2003 standard edition にダウングレードする場合でも、windows server 2012 r2 の権利はそのままに最大 2 つの仮想インスタンスを実行することができます。ただし、windows server 2003 standard edition には、hyper-v が含まれていないため、virtual server 2005 r2 などの仮想化テクノロジをお使いいただく必要があります。

サード パーティ製ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェア上で windows server を実行するために、windows server 2012 r2 datacenter を購入しました。この場合も windows server 2012 r2 datacenter のライセンスで付与される仮想インスタンスの実行権を得られますか?

はい。サード パーティ製ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェア上で windows server 2012 r2 を実行する場合でも、windows server 2012 r2 の仮想インスタンスの実行権は付与されます。windows server 2012 r2 datacenter の場合、無制限の仮想インスタンスを実行できます。

hyper-v に限らず仮想化環境で利用する時のライセンスをまとめた資料はありますか。

はい。簡易ガイドを用意していますので、こちらをご参照ください。

プレインストール モデル (oem メーカー提供) で構築したサーバー上で実行している os 環境を他のサーバーに移行したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

プレインストール モデル (oem メーカー提供) を購入した場合、サーバー ライセンスを他のサーバーに移行できませんが、os イメージを os イメージ採取製品ツール (マイクロソフト製品 system center virtual machine manager 等) を使って他のサーバーに複製することはライセンス上可能です。この場合、複製とはあくまでイメージのみの複製であり、サーバー ライセンスそのものをもとの物理サーバーから移行することは含まれません。つまり、イメージを複製する先のサーバーには別途ライセンス権利が付与されていることが必要となります。

※ oem メーカーが提供している os 以外のソフトウェアが含まれる場合、当該ソフトウェアの複製する権利については各 oem メーカーにお問い合わせください。

windows server の物理インスタンスを p2v で仮想インスタンスに変換し、vmware 上で実行しようと思っています。必要なライセンス数と考え方を教えてください。

vmware を含むサード パーティの仮想化ソリューションを使用する場合であっても windows server の仮想インスタンスが動作する物理サーバーそれぞれに対して、その仮想インスタンスを実行できるだけのライセンスを割り当てる必要があります。また、vmware で vmotion や ha、drs を利用する場合 、仮想インスタンスを物理サーバー間で移動することはできますが、特定の物理サーバーに割り当てた windows server のライセンスそのものを短期間の間 (90 日以内) にサーバー間で移動することはできません。そのため、サーバー間で 90 日以内に仮想インスタンスを移動する際は、移動元・移動先の両方の物理サーバーでライセンスが不足しないよう、予め適切な数量のライセンスを割り当てておく必要があります。

たとえば、次の図のように、vmotion や ha、drs を利用して、vmware が稼働する 2 台の物理サーバー上で、最大 3 つの仮想インスタンスを実行する場合、

、それぞれの物理サーバーに windows server 2012 r2 standard (1 ライセンスで 2 つの仮想インスタンスを実行可能) のライセンスを 2 つずつ割り当てる必要があります。必要なライセンスのカウント方法はこちらのページを参照できます。